ゲイの親との関係作り おたがいがハッピーになるためには?

ゲイの親との関係作り おたがいがハッピーになるためには?

 

 

自分がゲイだって気づいたとき、受け入れたときに、一番やっかいな問題になるのが “他者との関わり” だと思うんですね。

 

 

自分はなにも変わってない、だけど世間一般の社会(ノンケの世界)から見ると異質の存在になってしまっている。

 

 

まあでも、ほかの人に「ボクはゲイだよ」と告げて、それで疎遠になっちゃうなら、それはそれまでの関係だったってこと。

 

 

そのときはショックでも、いつか割り切ることができると思うんです。

 

 

でも、他人だったらそれでいいけど、親だけはそうはいかないよね・・・って話です。

 

ゲイが出会える安心安全な3つの出会い系サイト

 

 

 

「人並み」を望む親の心理

 

親と子供は切っても切れない関係。

 

 

ほとんどの親は子供に対して「納得できる存在でいてほしい」「コントロールしたい」と考えてます。

 

 

これはもちろん奴隷のように扱うって意味ではなくて(そういう親もいるだろうけど)、基本的には深い「愛情」と「執着」がもたらすものです。

 

 

ていどの違いはあっても、その想いは大きいもの。

 

 

その想いはうっとおしいこともあるけど、やっぱりありがたい。

 

 

だから、こちらも大切に、大事にしたい人だから、良い関係を続けていきたいですよね。

 

 

どちらかが死ぬまで切れないわけだから、良い関係ならおたがいハッピーじゃないですか?

 

 

ただし、セクシャリティの問題はスムーズにいかないことがほとんど。

 

 

「人並み」を望む親にとって、受け入れるのは簡単なことじゃないのです。

 

 

 

最大のハードルは結婚のこと

 

進みたい学校とか、なりたい職業とかを親に相談することってありますよね。

 

 

そういったことについては、打ち明けるのが突然であっても、親はなんとなく察しているものです。

 

 

子供の興味対象や行動をずっと見てきていて、少しづつ受け入れ、納得してくれることも多い。

 

 

でも、セクシャリティについては、もしわかれば親にとっては大ショックです。

 

 

親はストレート(異性愛者)だから、ゲイについては知識もないし興味もわかない存在。

 

 

それどころか無意識に差別している可能性だってあるわけですよ。

 

 

打ち明けられても、「よりによってうちの子がゲイなんて・・・」と思うはず。

 

 

すでに書いたように、多くの親は自分の子に「人並み」を望んでます。

 

 

その人並みには「結婚すること」が欠かせない要素として含まれてます。

 

 

なぜなら、彼らは結婚をして家庭を作り、子供を授かって・・・という経験をしてきた人たちで、

 

 

「家庭」と「家族」の優先順位を高くして、その形を守るという人生を選んできた人たちだからです。

 

 

そんな価値観を持つ親に、ゲイであることをわかってもらうのは大変なこと。

 

 

ショックを与えたくないばかりにカムアできなかったり、先のばしにしている人がほとんどじゃないでしょうか?

 

 

 

カミングアウトはやめときますか

 

「打ち明けない」という選択肢もアリだと思います。

 

 

あなたに「曖昧にしておきたい」という意思があったり、親も決定的なことを言われたくない、言われても受け入れられないというタイプなら特に。

 

 

まあ、ありがたいことというか、男の婚姻率は年々どんどん下がっているので、“結婚しない”というのが世間的にはそれほどおかしいことではなくなってきてますしね。

 

 

ただし打ち明けない場合、当然ストレート扱いのままなので、親の「息子の結婚への期待」は高まっていくはず。

 

 

「あんたいい年してまだお嫁さん見つからないの?」とか言われるでしょう。

 

 

自分の正体を隠し続けるのであれば、それくらいは我慢しなくてはいけないのかもしれません。

 

 

 

でもカムアするなら早めがいい理由

 

逆に打ち明けると決めたのなら、そのタイミングは早いほどいいです。

 

 

親はどんどん年を取っていきます。

 

 

40代、50代ならまだ考え方に柔軟性もあるだろうし、新しいものを受け入れようとしてくれる可能性もある。

 

 

未知の物事に対して、納得するために知識を集めたりといった努力もしてくれるかもしれません。

 

 

でも、60代以降の人にそれを要求するのは酷です。

 

 

ましてや、そのころになれば息子もかなりのいい年になっているので、家庭を持ってくれることへの期待はパンパンにふくらんでいるはずです。

 

 

その、はち切れそうなほどふくれあがった風船を「パン!」と割ってしまうのって、やっぱりかわいそうですよね。

 

 

カムアしないと決めたなら親が死ぬまで言わない、言うならできるだけ早めに。

 

 

これが最低限の親孝行でしょうね。

 

 

 

一番マズいのは遠ざかってしまうこと

 

「うちの親は同性愛のことなんて理解できないだろうな」

 

 

「精神的に弱いから耐えられないかも」

 

 

そんなふうに思い込んでる人もいるはず。

 

 

まあ、親の性格をよくわかってるのもあなたなので、さっき言った「打ち明けない」という選択肢が正解のケースもあるでしょうね。

 

 

でもそうなると、親の「息子の結婚への期待」は薄れていかないし、それがプレッシャーになることも多分にありえます。

 

 

カムアしたならしたで、「あんたこれからの人生、どうしていくつもりなの?」とか聞かれるでしょうし。

 

 

それで、少しづつ疎遠になっちゃうパターンもあるんじゃないかなぁと思うわけです。

 

 

一番マズイのは、口うるさい親から遠ざかっちゃうことだと思う。

 

 

それってさみしいですよ、お互いに。

 

 

少なからず親の期待に答えられない自分なわけだから、柔軟性を持って、歩み寄りながらコミュニケーションを保つようにすることが大切なんでしょうね。

 

 

 

それでも最大の味方は親

 

そんな面倒くさいところがあるにしても、理解さえしてもらえば、強力な味方になってくれるのもやっぱり親なんですよね。

 

 

誰がなんて言おうと、「自分の子どもは正しい!」と心から思ってくれる、そんな存在ってほかにいませんよ。

 

 

そして、そこまでいったら、最初に望んだ形ではないにしても、お互いハッピーになれる方向を向けるんじゃないかと思うんです。

 

 

すべてのゲイにあてはまる、親とうまくやるレシピはないでしょうけど、未来を見て良い関係を作っていける、

 

 

そんな行動を起こしていきたいですね。

 

ゲイが出会える安心安全な3つの出会い系サイト

 

 

人気の関連記事

 

ゲイが出会い系サイトを使うときに気を付けるべき3つのポイント

 

 

PCMAXはゲイ友・恋人を安心して探せる出会い系サイト

 

 

ワクワクメールはゲイ友達・恋人を安心して探せる出会い系サイト

 

 

ハッピーメールはゲイ友達・恋人を安心して探せる出会い系サイト

 

 

 

 


トップページ おすすめ出会いサイト サイトマップ