ゲイの悩みの相談相手を出会い系サイトで見つける方法

ゲイの悩みの相談相手を出会い系サイトで見つける方法

 

 

同性愛者の悩みは他人にいうことが難しい秘密の悩みですね。

 

 

人間関係、仕事、家族、将来のこと・・・

 

 

ゲイの場合、いずれにしてもその悩みの根底に、「自分が異性愛者でないこと」が少なからず関係してしまうからです。

 

 

周囲に心配されることがあったとしても、決して口にしなかったり、隠したりという経験を持っている人も多いと思います。

 

 

悩みを打ち明けるということは、つまり「カミングアウトをする」ということ。

 

 

もしカムアして相談したからといって、同じ苦しさを理解してもらえるとは言い切れません。

 

 

でも悩んでいれば相談相手を求めたくなるのはだれでも一緒。

 

 

やっぱり相談相手は自分と同じゲイが理想です。

 

 

といってもゲイの知り合いなんていない、作れないという人は、ネットのコミュニティサイトで心の痛みを相談できるを見つけ出しましょう

 

 

今はゲイが出会い目当てで利用できるサイトもあり、そういった場所でひょっとすると相談相手と出会えるケースもあります。

 

 

実際にH目的やデート相手を探す目的以外で、出会い系サイトを利用しているユーザーは案外多いものです。

 

 

それだけ話し相手が欲しい人、さみしい人もたくさんいるということでしょう。

 

ゲイが出会える安心安全な3つの出会い系サイト

 

 

 

“待ち”の姿勢でいても寄ってくるのはサクラだけ

 

サイトに登録後、具体的に取る行動としては、素直に「相談相手を募集」とするのが◎。

 

 

まずは掲示板に書き込みしたり、気になる相手にメッセージを送ってみて、反応を待ってみるというカタチになります。

 

 

ここで大切なのは、登録だけして“待ち”の姿勢でいても、相談相手を探し出すのはハードルが高いということです。

 

 

逆に、あなたが何のアクションもしてないのに、メッセをこまめにくれる相手がいたとしたら・・・まず間違いなくサクラと判断していいでしょう。

 

 

そういった理由からも、必ずあなた自身が決めた相手とやりとりをするのが正解です。

 

 

 

ゲイ友を見つけやすい時間帯

 

 

さて、まずはPCMAXワクワクメールのようなマイノリティカテゴリーのある出会い系サイトに登録。

 

 

そこからすでに書いたように積極的に利用することにより、気になる相手とメールをやりとりしたり、実際に顔を合わせるという流れになります。

 

 

ただし、このコミュニケーションの部分がちょっと難しいと思っている人も多いのも事実ですよね。

 

 

そこでちょっとしたアドバイス。

 

 

実のところ「サイトを利用する時間帯」をちょっぴり考えるだけのことで、思いのほか相手の方から話しかけてくれる確率は段違いにアップします。

 

 

せっかくなら、あなたの書き込みをたくさんの相手に見てもらえるような時間帯を選びましょう!ということです。

 

 

具体的な時間としては、多くの人が仕事を終えて、サイトに参加し始める夕方以降の時間帯がグッドです。

 

 

ノンケカテゴリーも同じですが、一般的ににぎわっているのは平日だったら18〜23時ごろ、土日であれば昼〜23時ごろになります。

 

 

日曜日は夜は割と早めに盛り上がりが収まっていく感じです。

 

 

次の日に備えてあまり夜ふかししない人が多いからでしょう。

 

 

平日夜でいえば、月曜は多少利用者が減り、週末に向けて金曜日が盛り上がってくることが多いです。

 

 

夜の仕事についているゲイが多い地域なら、逆に平日昼間が狙い目になったりするかもしれません。

 

 

もちろんこういった時間帯にはアクセスしづらいという人もいるでしょうから、意識しつつ、他の時間帯にも活動の幅を広げてみてください。

 

ゲイが出会える安心安全な3つの出会い系サイト

トップへ戻る